知っているようで知らない 退職願・退職届・辞表の書き方
退職願・退職届の書き方

退職願・退職届・辞表の違い

退職願・退職届・辞表、いずれも退職の意思を表示することは一緒ですが、その役割や使いどころはそれぞれ異なります。

退職願
雇用契約の解約を願い出る(申し込む)書類。会社が承諾することで退職(解約)となります。出した時点では退職となりません。また、相手が承諾するまでは撤回することができるのも一つの特徴です。

退職届
会社への最終的な意思表示であり、届が受理される=退職となります。退職願と異なり、特別な事情がない限り撤回することはできません。

辞表
役員のような役職のある人(または公務員)が辞める際に用います。退職願は「従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出るもの」ですから、使用者側が退職を申し出る場合は退職願ではなく辞表となります。(課長以上の役職についている人も辞表を使うことがあります。)同様の理由から、公務員も辞表を使います。

MENU
その他お役立ち情報