雇用保険の失業等給付について解説
退職願・退職届の書き方

雇用保険(失業保険)で得する方法

雇用保険の給付日数は、自己都合退職か会社都合退職かにより違いがあります。勤続年数が長いければ長いほど、その日数の差は大きくなります。場合によっては2倍以上の差があります。

しかし、退職は自分の意思。それでは自己都合退職にしかならないのでは?

実は、そんな場合でも会社都合退職になることがあるのです。それを知っているか知らないかで、失業保険の給付額は大きく違ってきます。うまく会社都合退職にして失業保険をたくさんもらうためのオススメの情報があります。

会社を辞めて102万5,110円得した法

一通り読みました。これはアリです。法に触れるものでもないですし、むしろ、これが本来の給付ではないかと。中には、会社と揉めずに会社都合にする方法も書いてあります。全ての人に適合するわけではないのですが、これ、多くの人は使えるんじゃないでしょうか。

以下、作者のコメントより引用

こんにちは。
伊東知隆と申します。

私は2005年の年末に会社を辞めました。

会社都合退職です。

普通、自分が辞めたくて辞めたら自己都合退職のはずですよね?

ところが実際にはそれは、会社に都合がいいように刷り込まれた、「非常識な常識」でしかないんです。

本当は会社都合で辞められるのに、むざむざ自己都合退職で辞めていく人がなんでこんなに多いのか?

辞めたくて辞めても会社都合退職扱いになり、すぐに失業保険をもらい、退職金を割増でもらう方法とは?

あなたご自身でお確かめください。

MENU
その他お役立ち情報